So-net無料ブログ作成

世界大会のご報告 [アルゼンチンタンゴ]

既にみなさんご周知のとおり、サロン部門の優勝は、外国人(アルゼンチン人以外)として初の快挙ヒロシさんとキョウコさんペアーです。同じ日本人として、そして仲良くさせていただいている私としても、とっても嬉しいことです。世界大会のご報告としては、それだけで十分なのですが、私たちを応援してくださった方々に感謝の思いをこめて、私たちの世界大会をご報告させていただきます。

今年は、ブエノスアイレス市の大会(今年からメトロポリターノと言わなくなっていましたが)の時期、日本に一時帰国していたため、本大会予選24日が、今年初めてのコンペ出場となりました。息子、礼をベビーシッターに預け、予選会場のLa Trastiendaにコレクティーボで、向かいました。私たちは、礼の幼稚園のため、遅い時間の出場をお願いしていたので、夕方6時半くらいに会場に到着しました。中に入って最初に感じたことは「狭い!」ということでした。ステージの幅は、去年の半分くらいでしょうか、そこで、10組のカップルがひしめくように踊っていました。(これでは、歩きを見せるなんていうことは出来ないなと思いました。)
集合時間まで少し時間があったので、バンドネオン奏者の仁詩さんや準決勝シードのLamちゃん達と他の出場者の踊りを見ていました。

いよいよ出番の時間となり、楽屋に行きました。今回、楽屋には、すこし練習できるスペースがあり、私は、そこでアブラッソを確認したり、身体を温めたりしました。もう、歳のせいか、体が温まるまでいつも踊りがギクシャクするので、今回は、この点を注意しました。ステージに上がると、思いのほか奥行きが広く、狭さはさほど気になりませんでした。そして3曲タンゴを踊りました。しかし、初日ということもあり、緊張がピークに達し、あまり踊ったという感触がありませんでした。

2日目、昨日と同じように礼をベビーシッターに預け、会場までのコレクティーボを待っていると、乗るはずのコレクティーボが止まってくれません。どうやら夕方の帰宅ラッシュで、満員のようです。コレクティーボ2台に通り過ぎられ、ちょっと焦りましたが、出番には間に合うように会場に着きました。そして、「今日は、踊ろう!」と思いステージに上がりました。結果、感触としては、初日よりも踊れた気がしていたのですが、あとでビデオを見ると、どうも初日の方が、サロンに見えるのです。ということで、ちょっとがっかりしました。うちの奥さんも家でビデオを見ると怒り出す騒ぎ(夕食用の肉を投げた!)、「これは、今年もだめかな」と思ったりして憂鬱な気持ちのまま寝ました。

一夜明けて、予選通過者の発表の日、私は息子の面倒を見るため家に残り、奥さんだけが発表会場のハロッズに行きました。すると電話が鳴り、「通った!」との知らせ、それからインターネットで確認すると、予選33位で通過(65組中)していました。帰ってきた奥さんは、昨夜とは打って変わってニコニコ顔でした。

28日の準決勝の前日、私たちは早起きして移民局にいました。ちょうどビザの1年毎の更新のため、朝8時半から、その手続きに並んでいました。思えば決勝戦の入場チケットを取るために、徹夜で並び、今年はよく並ぶ年だなと思っていました。この手続きに思いのほか時間がかかり、家に帰りついたのは、午後2時頃でした。

そして28日の準決勝、Tango Portenioというタンゲリーアが会場でした。ここは、今一番いいダンサーが集まっていると評判のタンゲリーアですが、私たち貧乏人には、入れるはずもなく外からネオンを見るのがせいぜいでした。そんな場所にタダで入れるなんて、そして自分たちがそのステージで踊れるなんて、夢のようでした(ダンサーの踊りは見られませんが・・・)。中はとってもタンゴな雰囲気で、控え室も広く、コーヒー飲み放題、フロアー中央でミロンガが出来るくらいのスペースがあり、みんな練習していました。予選通過者65組に、シード選手17組の計82組が出場しました。この日のロンダは、受付順ということで、一番最初のロンダに。そこには、ヒロシさんキョウコさんの姿もありました。ステージの袖で踊る前に曲の発表があり最初の曲は、ファン・ダリエンソのピミエンタでした。私は、軽快なリズムのこの曲の出だしをどう踊ろうかと考えていました。ところが、実際に曲が掛かってみると、とても遅いテンポで、全然イメージが湧いてきませんでした。そのまま2曲目も3曲目もイメージの湧かないまま終わってしまいました。楽屋に戻った私は、一人椅子に座り「今年の大会も終わったな」と落ち込んでいました。

すべてのロンダが終了し、結果発表のため再びステージに上がりました。準決勝は、その場で決勝進出者の名前を呼び上げるのです。(しかも、成績順に!)司会者が休み無くどんどん決勝進出者の名前を呼び上げる中、私は、「ここで名前が呼ばれる人達は、さっき自分が集中しきれなかった、そして踊りきれなかったタンゴを、しっかりと集中して踊りきった人達なんだ。自分には到底その資格はない。」と思っていました。すると突然、うちの奥さんが「ぎゃ~」と騒ぎ出しました。私は何がなんだかわかりませんでしたが、ステージの中央に進み、お辞儀をした後に、決勝進出者の最後尾に並びました。なんと最後から2番目(43組中42番)で呼ばれたのです。番号を聞いた時点で、奥さんが騒ぎ出したので、名前を確認することが出来ず、あとから小声で「本当に俺たちだった?」と奥さんに確認しました。

決勝の舞台は、Luna Park、約6000人収容のアリーナです。決勝は夕方からということで、ようやくゆっくりと寝ることができました。またまた、礼をベビーシッターに預け、コレクティーボで会場へ。ここの控え室は、それほど広くありませんでしたが、バナナ、りんご、サンドウィッチなど食べ放題、コーラ、スプライト、コーヒー、紅茶、飲み放題とやはり一番よい待遇でした。

が、床が・・・

場当たりでステージに行って踊ってみると床の継ぎ目のところになにか塗ってあり、そこのところだけ滑らないのです。それが気になって下を向いてしまい「胸のコンタクトがない!」と奥さんに怒られました。控え室に帰ってくるとロシア人の友達アンドレ(今回8位入賞)が「床どうだった?」と聞いてきた。彼は、同じ先生に一緒に習ったこともあり、決勝の常連なので、初めて決勝に残った私たちにとても気を使って、「コージ、スマイル!」とか、いつも声を掛けてくれました。そんな彼に、床の印象を話すと、「ノープロブレム、みんな同じ条件だから」と言われました。なんだかナーバスになっていた私は、リラックスすることができました。実際、本番でステージ上がってみると、みんなが踊った後(最後のロンダでした)だったので、さほど気になりませんでした。そして、決勝通過組み最下位の私としては、文字通り「何も失うものはない」状態で、あまり緊張もせずに楽しんで踊ることが出来ました。結果、23番目(45組中)という予選から通じて一番よい順位でした。今回、日本人のカップルの皆さんも、ヒロシさんキョウコさんをはじめ、とてもよいパフォーマンスで、日本のタンゴに頼もしさを感じました。

決勝の様子
IMG_8281 (Large).JPG

DSCN0215.JPG

そして、大会期間中に日本から応援のメッセージをいただいたこと、とっても励みになりました。心から感謝いたします。昨夜、ステージ部門の決勝も無事終わり、また来年の8月まで、ブエノスは落ち着きを取り戻すと思います。そんな中で、いつもの私たちのタンゴを踊っていきたいと思います。

ビデオは後日Youtubeにアップしようと思います。
nice!(0)  コメント(9) 

nice! 0

コメント 9

福元一志

Koji y Ana さん、サロン部門、ファイナリスト、おめでとうございます!

詳しいご報告を拝見して、大会の緊張や裏事情も垣間見ることができて、とても興味深いお話でした。拝見するたびにエレガンシアを増している、お二人の活躍は、きっと評価されるだろうと期待していました。これからも、ご活躍をお祈りしています。

大会の様子は、一部しかみれませんでしたが、是非 youtube へのアップを楽しみにしています。

また、BsAsでお会いする日まで・・・私もタンゴ馬鹿のままでいますね (^o^)

Chau!!
フク
by 福元一志 (2009-09-02 15:18) 

tangofun

福元さん
コメントありがとうございます。
まだまだ課題は多いですが、少しずつ自分の理想のタンゴに近づけていきたいと思います。また、BsAsでお会いできる日を楽しみにしています。
by tangofun (2009-09-02 15:44) 

kato

決勝進出おめでとうございます。
と、言っても結果には満足されていないこととは思いますが。
Tangoを踊っているものにとって、順位付けをするっていうのは、難しいですよね。
いろいろなスタイルがある中で、どれがいいていうのも納得ができないで部分もあるし。特にこの大会はウルキサスタイルの評価が高くなるようなので、その傾向を捕らえた踊りができないと順が上がってこないような気もしますが。

そんな中で、着実に一歩づつステップアップしておられるようなので大丈夫ですよね。
自分の信じる踊り、理想に向かって頑張ってください。
応援しています。
by kato (2009-09-03 00:26) 

トーマ

決勝進出おめでとうございました。

確かヒロシさんがおっしゃってた言葉で「選手権となると、みんな勝ちにいくけど自分たちは自分たちのタンゴを追及してきた。その結果が認められてうれしい」   
この言葉に本当に共感できます。

自分なんて アジア大会でもファイナルに行けませんが、偉大な日本の先輩方を見習って頑張っていこうと思ってます。
 
決勝進出 本当におめでとうございました。

by トーマ (2009-09-03 01:17) 

Ana

皆様、応援ありがとうございました。
このブログを見ると怒って肉を投げたとか?恐ろしい、奥さんの様に誤解されそうなので、一言、肉は鉄板の上に落としただけです。。。

by Ana (2009-09-03 02:18) 

tangofun

Katoさん
コメントありがとうございます。
毎年少しずつ上がっていけるように頑張ります!
by tangofun (2009-09-03 06:45) 

tangofun

トーマさん
コメントありがとうございます。
私も自分のタンゴを追求します!
by tangofun (2009-09-03 06:47) 

noriko

お疲れ様でした。
思うようには行かない不自由な異国(そこはBsAs!)の中で、
よーくやってらっしゃると、本当に頭の下がる思いで読みました。
Kouちゃん、Naoちゃん。二人の踊りは素敵です。
Tangoに順位も評価も・・必要なのかしら?と頭をかしげてしまう私ですが、これからも完全に二人の(あっ三人かな)生活の一部となった踊りを続けてね。
また近いうち、再会できますよう。

by noriko (2009-09-09 22:21) 

tangofun

のりちゃん
コメントありがとう!
今年の大会では、自分の踊りの方向性が少し見えた気がしました。
また、それに向けて頑張ります!
近いうちに、お会いできるのを楽しみにしています!
by tangofun (2009-09-10 04:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。